PR

篠原涼子の若い頃がスゴ過ぎる!デビューやブレイクのきっかけ、20代の頃の出演作は?

篠原涼子 画像1
美STより引用

ドラマ『アンフェア』や『ハケンの品格』など数々の話題作に出演し、

アラフィフとなった現在も相変わらず美しい女優の篠原涼子さん。

そんな篠原涼子さんですが、デビュー当時は、

現在の篠原涼子さんからは想像もつかないほど

身体を張ったお仕事に頑張っていた時期がありました!

そこで本日の記事では篠原涼子さんの若い頃について調べてみました。

この記事を読めば

  • 篠原涼子さんのデビューのきっかけは?
  • 篠原涼子さんの身体を張ったアイドル時代がスゴイ!
  • 篠原涼子さんのブレイクのきっかけは?
  • 篠原涼子さんの20代の頃の出演作は?

といったことが分かるようになります!

それでは、どうぞ!

篠原涼子のプロフィール

まずは篠原涼子さんのプロフィールからみていきましょう!

 名前 : 篠原 涼子(しのはら りょうこ)

生年月日: 1973年8月13日

出身地 : 群馬県

 年齢 : 50歳(2023年10月現在)

 身長 : 162㎝

血液型 : B型

 所属 : ジャパン・ミュージックエンターテインメント

 趣味 : スイミング

篠原涼子さんの最近ハマっていることはトレーニングのためのスイミングなんだそう!

泳ぎ始めは疲れるものの慣れてきたら無心で泳ぐことができるんだそうで、

なんと一日で1キロほど泳いでいるんだとか!

スゴイですよね!

篠原涼子さんにとってスイミングは、精神統一や考えごともできて最高の

リラックス法のようです。

いくつになっても美しい篠原涼子さんの秘訣はスイミングなんですね♡

篠原涼子のデビューのきっかけは?

篠原涼子さんは16歳でまだ高校1年生だった1989年に、

オーディション情報誌『月刊デ・ビュー』に掲載されていた

芸能事務所ジャパン・ミュージックエンターテインメントのオーディションに参加し、

見事優勝を勝ち取ったことで芸能界入りしました。

篠原涼子さんは高校1年の夏に芸能界入りが決まったことで、

そのまま高校を中退しています。

そしてオーディションに合格したその年の10月に戦隊ドラマ『高速戦隊ターボレンジャー』で

ゲスト出演したことが篠原涼子さんのデビュー作となりました。

『高速戦隊ターボレンジャー』篠原涼子さん16歳の画像

まだ16歳の頃の篠原涼子さん!

とっても初々しくて可愛らしいですよね~♡

そしてその翌年の1990年に篠原涼子さんは、

東京パフォーマンスドール(通称パードル)の一員として活動を開始します。

『東京パフォーマンスドール時代の篠原涼子さん17歳の画像 ⇓

東京パフォーマンスドールは今で言うところのAKBのような

多人数で構成されたアイドルグループでしたが、篠原涼子さんは早くから

ピンでの活躍が目立っていたので出身がアイドルだということを

知らない人もけっこう多いのではないでしょうか?

この篠原涼子さんが所属していた東京パフォーマンスドールは、

今までの口パクアイドルの常識を覆し、

本格的なダンスとボーカルが話題となった新しい種類のアイドルグループでした。

篠原涼子さんはすでに10代とは思えないほどの色気があって、

とってもキレイですよね~♡

これで本当はまだ高校生の歳だと考えると、とんでもないですよねw

ちなみにこの東京パフォーマンスドールの中には、

仲間由紀恵さんが所属していた時期もあったそうですよ!

篠原涼子の身体を張ったアイドル時代がスゴイ!

そんなアイドルとして活動していた篠原涼子さんですが、

1991年にはなんとお笑い番組『ダウンタウンのごっつええ感じ』での

レギュラー出演が決まります。

この『ダウンタウンのごっつええ感じ』での篠原涼子さんは、

アイドルらしからぬ体当たりなコントで、お茶の間の人気者となりました。

どれぐらい体当たりかと言うと・・

ホンコンさんや東野幸治さんなど、色んな人とのキスや

ダウンタウンの浜田さんからはコント内ではあるものの

完全なセクハラ行為を受け・・

『ちょっと、まぁ、何て言ったらいいんだろ‥‥後ろから羽交い締めで‥‥モミモミみたいなのが』

ASA-JOより引用

更にコントによっては下半身に顔を埋められるようなシチュエーションもあったんだとか!

今の時代なら一発でアウトなことばかりで、かなり衝撃的ですよね!

ダウンタウンさんの偉大さも感じますが、

アイドルという立場でありながらここまで身体を張って

笑いに挑んでいた篠原涼子さん、本当にスゴ過ぎますよね!?ww

今や大女優となった篠原涼子さんからすると、

もはや黒歴史となりそうな『ごっつええ感じ』時代ですが、

現在の篠原涼子さんはこの番組に対して、

『自分を育てて頂いた場所でとっても感謝している』と話しています。

普通ならNGにしそうな内容ですが、大女優になった今でも赤裸々に

当時のことを話す篠原涼子さんは本当に凄いですよね♡

ここまでの女優に成長されたのもきっと、

篠原涼子さんの愛嬌のある性格がみんなから愛されていたからなんでしょうね♡

篠原涼子のブレイクのきっかけは?

『ダウンタウンのごっつええ感じ』に出演したことで、

お茶の間からの知名度と人気を格段にあげた篠原涼子さん。

その後1994年篠原涼子さんが21歳の頃に、

小室哲哉さんプロデュースによる楽曲『愛しさと切なさと心強さと』が発売されます。

この楽曲が大ヒットとなり、累計202.1万枚を記録するダブルミリオンを獲得するとともに、

篠原涼子さんはその年のレコード大賞を受賞し紅白にも出演!

一躍、大ブレイクとなったのでした♡

今もとってもキレイな篠原涼子さんですが、若い頃の篠原涼子さんはスタイル抜群で

可愛らしさと大人っぽさが共存していて独特の魅力がありますよね~♡

そしてなんと、そのミリオンセラー『愛しさと切なさと心強さと』が

2022年9月に小室哲哉さん自らがリアレンジする形で、CDリリースされました!

2022年の紅白歌合戦には28年ぶりの出場も果たした篠原涼子さん。

若い頃の篠原涼子さんもステキですが、

50歳になっても衰えない美貌と変わらない歌声に本当に驚きです!

篠原涼子の20代の出演作品は?

アイドル、お笑いタレント、歌手と色々な経験をしながら活躍してきた

篠原涼子さんですが、女優としてはどんな風に売れっ子になっていったのでしょうか?

ここからは篠原涼子さんの20代の頃の出演作について調べてみました!

1994年ドラマ『若者のすべて』篠原涼子 21歳

萩原聖人さんと木村拓哉さん主演の青春ドラマ。

当時の二人はバチバチだったようですがw、若者からとても人気が高かった話題作で

ミスチルの『Tomorrow never knows』ととも大きくヒットした作品です。

まだ21歳だった篠原涼子さんは武田真治さん演じる圭介と両想いで、

医大を目指す2浪生の役で出演していました。

篠原涼子さん、とっても可愛いらしいですね♡

萩原聖人の若い頃に関する記事も書いてます。是非ご覧ください!

萩原聖人 画像1

1998年ドラマ『きらきらひかる』篠原涼子 25歳

深津絵里さん、松雪泰子さん、鈴木京香さんなど、

豪華キャストで構成された監察医の物語。

篠原涼子さんは鈴木京香さん演じる裕里子の妹役で出演していました。

1998年グンゼ『BODY WILD』篠原涼子 25歳

『男の下着を女がつける』という斬新な切り口で宣伝されたグンゼのCM。

篠原涼子さんが起用されたことで話題となり、

このCM以降はボクサーパンツを好んではく女性が増えたことでも有名となりました♡

篠原涼子さんの引き締まったセクシーなスタイルに

ボクサーパンツがよく似合っていてホントにカッコイイですよね~♡

2001年舞台『ハムレット』篠原涼子 28歳

超、厳しい監督で知られる蜷川幸雄さんの舞台『ハムレット』。

篠原涼子さんは市村正親さん演じるハムレットの恋人、オフィーリアを演じました。

舞台が初めてだった篠原涼子さんを市村正親さんが精神的にサポートしたことで

二人の仲は深まっていき、この作品をきっかけにゴールインとなりました♡

(※2021年7月に離婚しています)

篠原涼子の若い頃に関するまとめ

いかかでしたか?

今や大女優の篠原涼子さんですが、若い頃はかなり身体を張ったお仕事で頑張っていたことが

分かりましたね。

20代の頃に女優として確実に実力をつけた篠原涼子さんは、

30代に入り次々と主演を張る超人気女優となっていったんですね♡

今も変わらない美しさで周囲を魅了する篠原涼子さん。

今後の活躍にも目が離せません♡

松雪泰子の若い頃に関する記事も書いてます。是非ご覧ください!

松雪泰子 画像1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

error: このコンテンツのコピーは禁止されています。